フランチャイズの概要と特徴

フランチャイズとは、フランチャイズ本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)がフランチャイズ契約を結び、加盟店は商標の使用権やノウハウ、サポートなどを本部から得る代わりに、ロイヤリティを本部に支払うシステムです。加盟店は、本部から経営ノウハウの指導やサポートが受けられるので、未経験の分野であっても比較的容易に開業することができます。

また加盟店はそのフランチャイズのブランド力を得られるとともに、本部による大規模な宣伝の恩恵も受けることができるので、集客という面でも大きなメリットがあります。さらに商品の仕入れや商品開発も本部がしてくれるので、加盟店は店舗の経営に専念できるということが特徴です。

フランチャイズの注意点について

フランチャイズは加盟店にとって大きなメリットがありますが、注意すべき点もあります。まず加盟店は、本部に対してロイヤリティを支払い続ける必要があります。このロイヤリティは「売り上げの何%」「粗利益の何%」「月額固定」というように、フランチャイズによっても異なるので、注意が必要です。

また加盟店は本部の経営方針には、常に従う必要があります。加盟店が自分の判断で商品の価格を変えたり、独自の商品を販売したりすることは、できないことがほとんどです。店舗の立地を活かした独自の運営なども、困難なケースが多いです。また、万一本部のトラブルなどでイメージダウンがあった場合は、加盟店もその影響を受けてしまうこともあります。