最低限必要になる資金について

ブランド買取店を開業する際に、フランチャイズに加盟することでさまざまなメリットがあります。ノウハウを教えてもらえるなど、いろんなサポートがあるため初心者でも営業は可能です。ただ多くの人が気になるのは費用についてでしょう。まずどのような人でも、最低限必要になる費用というものがあります。例えば加盟料がその一つです。同じブランド買取店でも、フランチャイズに加盟する企業が変われば多少の増減はしますが、基本的には百万円前後だと考えて良いでしょう。それ以外にも備品や店舗の内装費、広告宣伝費が必要になってきます。またブランド買取店の運転資金として、買取金を用意しないといけません。それらを合わせると、大まかですが五百万円あると安心です。

初期投資を抑えるコツ

もしもブランド品の買取の他に販売も行うのであれば、最初に売るための商品を仕入れなければいけないため、百万円前後が必要になります。店内のショーケースが空になっていると印象が良くないからです。しかしそのような資金が捻出できないなら、まずはブランド品の買取専門店にすれば良いでしょう。これなら持ち込まれたブランド品を査定するだけですから、小さなスペースがあれば営業できます。おかげで賃料が安くて済みます。そしてある程度のブランド品を買取ることができれば、販売を行えば良いです。また土地を所有している、あるいは自宅を店舗にできるのであれば、かなり初期投資を抑えることが可能です。それ以外にも自分や家族なら手伝ってもらえることで、人件費が抑えられます。

金の価格は日々変動しています。国内公表価格をチェックして、その価格をきちんと反映している業者に金買取を依頼しましょう